相撲甚句が自慢のエンターティナー、
元関取の大至伸行さん。

 

現役引退後、大至さんは
「牛王大使」として、 レストラン牛王のPRに
一役買っていただいています。 

2003年春場所、18年間勤めた現役を引退。大至親方として(財)日本相撲協会押尾川部屋の準年寄となり、後進の指導に当たるも、かねてからの夢であった歌の道をあきらめきれず、2003年退職、歌手へと転身。同年九月、品川プリンスホテルにて、ディナーショーによる盛大なデビューを飾る。彼の持ち味である誰でも聴き入る歌声、人を引き寄せる魅力と優しさで会場は感動でいっぱいである。

牛王大使 大至伸行 活動とプロフィール

               
1992年4月 地方巡業 花相撲等で相撲甚句を唄い始める。
1995年6月 終戦50周年硫黄島日米戦没者慰霊祭にて慰霊の甚句を唄う。
1998年2月 長野オリンピック選手団解団式にて選手の栄光を称えた甚句を唄う。
2002年3月 現役を引退(最高位 前頭三枚目)準年寄となる。
2002年9月 17年ぶリに大相撲協会が解禁をし、CDアルバム
「大至の甚句革命(キングレコード)」をべースボールマガジン社よリ発売。
2003年6月 横綱貴乃花の引退相撲にて引退記念甚句を披露。
2003年6月 (財)日本相撲協会を退職。歌手へ転身。

【今後の活動】

       
2004年 6月 NHK大河ドラマ『新撰組!!』出演決定
2004年11月 元禄散華 紀伊國屋文左衛門物語
歌綴り『ぶんざ』出演決定
(小椋佳氏プロデュース)

ページトップ

ホームに戻る